エリンギが酸っぱいみたい?匂いが臭いのは腐ってる?賞味期限は?

エリンギが酸っぱいような味がしたり、酸っぱい匂いがしたりすると、食べても大丈夫なのかと気になりますよね。

エリンギは独特な食感がありますが、匂いもまたキノコ特有のものです。

この匂いが苦手な人もなかにはいます。

エリンギ特有の匂いか、それとも腐っているのか、どうしたら見分けられるか調べてみました。

エリンギが酸っぱいみたい?

エリンギの酸っぱいような腐っているような匂い、多くの人が感じたことがあるようです。

お店で出された料理で感じたり、コンビニで買ってきたばかりのパスタで感じる人もいます。

もともとこういう匂いなのか?それとも腐敗臭なのか?判断がつきにくいですよね。

ネット上の掲示板やQ&Aサイトにも、エリンギの匂いに関する質問が数多く投稿されています。

腐敗臭に近い匂いを、エリンギ独特の匂いと思っている人も大勢いそうな感じがします。

あくまでも主観的なものですし、匂いの感じ方はひとによってかなり違いますから、情報を共有するのもなかなか難しいですね。

エリンギは独特の匂いが確かにあるのですが、それと傷んだ時の匂いはやはり違うようです。

なぜかというと、新鮮なエリンギは腐敗臭のような臭みはしないのだそうです。

両方の味を知っている人からすると、明らかに違うようですよ。

エリンギの匂いが臭いのは腐ってる?

スーパーで買ってきたエリンギが袋から出した途端に臭かったり、調理した後のエリンギから変な匂いがすることってありますよね。

このようなときは食べないでおきましょう。

この臭い、結構インパクトが強くて、エリンギが食べられなくなったりします。

腐っているのかどうか見た目ですぐわかればいいのですが、一見してどこも悪そうではないから厄介なんですよね。

スーパーで買うときはパックされているので匂いをかぐこともできないので、やっぱり見た目で判断するしかなさそうです。

<傷んできているエリンギの特徴>

  • 柄が黄色っぽくなっている
  • 柄が柔らかそう
  • 柄がシワっぽくなっている
  • 傘が開きすぎている
  • ぬめりがある
  • パックの中に水滴があると蒸れたり雑菌が繁殖しやすい
<新鮮なエリンギの特徴>

  • 柄がしっかりしている
  • 傘のふちが内側に入っている

ちなみに、白い綿のようなふわふわしたものがついているときは、カビではなくきのこ由来のものなので、食べても問題ありません。

ただし、新鮮なものではない可能性が高いので、早めに消費した方が良いです。


エリンギの賞味期限って?

エリンギは生の野菜と同じで賞味期限の表示などはないですが、目安として5~7日くらいと考えてください。

収穫されてから加工され、物流にのってスーパーに並ぶまでにも何日かかかっていますので、お店で売っているエリンギが必ずしも新鮮かどうかは定かではありません。

買うときは鮮度をよく確認して買うようにしましょうね。

家で保存するときは冷蔵庫に入れてください。

そのときパックされたままだと劣化が進みやすいため、パックから取り出して新聞紙やキッチンペーパーにつつみ、ビニール袋にいれると日持ちしやすくなります。

水気がつくと傷みやすくなるので、洗わずに保存するようにしてくださいね。

まとめ

エリンギが酸っぱいときや、酸っぱい匂いがするのは腐っているのかについて調べてみました。

エリンギとはこういうもの、と思っている人も多いかもしれませんが、酸っぱい変な匂いがするときは傷んでいると考えたほうがよさそうです。

本来のエリンギの特徴はしこしこした歯ごたえであり、味や香りはあまりありません。

できるだけ新鮮なものを選んで、保存方法にも気を配ってみてくださいね。

そしてなるべく早く食べ切りましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です