浴衣の中に着るものって何?下に何着る?ブラジャーつける?

女性は浴衣の中に着るものは何がいいのか?わかりにくいですよね。

浴衣を買うときに、インナーまで一緒に買っている人は少ないかもしれません。

浴衣には専用の下着があるんですよ。そんなの持ってない!という人も焦らないでくださいね。

代用できるものもありますので、ご紹介しますね。

浴衣の中に着るものって何?

浴衣の下には必ず下着をつけてください。浴衣ってけっこう透けますのでね。

その下着ですが、和装用の下着が家にある人はそれでOKです。

ワンピースタイプの上下つながった和装用下着か、上下別れているものでもOKですよ。

長襦袢とは別のもので、肌襦袢といいます。袖がついているので脇汗も吸ってくれます。

上下わかれているものは上が肌襦袢、下が裾よけという物になります。

裾よけは化繊で出来ていることが多く、足さばきが楽になります。

もしお店で買う場合は、肌襦袢と裾よけ、またはワンピースタイプの肌襦袢を探してください。

浴衣用のスリップとして夏用のインナーが売られていることもあります。こちらは快適です。

汗を吸いやすい木綿素材でできていて、軽くて真っ白なものが一般的です。

和装用の下着は、浴衣だけでなく着物の時にも使えます。

もちろん洗濯して何度も使えるもので、使い捨てではありません。

ひとそろい持っておくといいかもしれないですね。

浴衣の下に何着るか迷ったら

和装用の下着なんか持ってない!どうしよう!という方もご安心ください。

何も着ないのはNGですよ。でも何着るか?迷ったらおうちにある下着でも代用ができます。

白や肌色のタンクトップ、キャミソールやペチコートはお持ちですか?

裾が長めのキャミソールがあれば、それでも大丈夫です。

丈が短い場合は、下にペチコートを着用しましょう。

浴衣を着た時に下着の色が透けて見えないかどうか、よく確認してくださいね。

衿元から下着が見えたりしないかどうかも確認しましょう。

洋服用のポリエステルなどの下着は、ちょっと暑くて蒸れやすいかもしれません。

綿素材でしたら汗も吸いやすいし、通気性も良いんですけどね。

もし余裕があるようなら、和装用の下着を用意するのがベストですよ。


浴衣のときブラジャーつける?

女性がもう一つ気になるのが、ブラジャーをつけるか、つけないかではないでしょうか。

浴衣や着物は、寸胴のほうが着こなしがキレイに仕上がります。

胸やウエストのくびれはわざわざ補正して、寸胴体型にして着付けるくらいなんです。

ですので、胸を盛ったり強調したりする必要はないですよ。

どちらかというと、胸の大きさをおさえるような下着のほうがおすすめです。

きちんとした着付けをするときは、和装用のブラジャーを着用したりします。

胸をできるだけ平らに補正するようなブラジャーで、ワイヤーは入っていません。

和装用のブラジャーがなくても、スポーツブラのようなものやノンワイヤーのブラでも大丈夫です。

胸の小さな人はブラなしでもいいかもしれません。していないと不安という方はもちろんつけましょう。

大きな胸の人は、胸元がドーンと膨らんでいると浴衣の場合は老けて見えますので、上げたり盛ったりしないブラでボリュームをおさえられるといいですね。

そのほうが着姿が美しくなりますし、着崩れも防げますよ。

まとめ

浴衣の中に着るものについてお伝えしました。

着物専用のものが一番いいですが、なくても普段使っているもので代用できますので、浴衣の下には必ず下着をつけてお出かけくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です